人見知りとは何でしょう

  • 2013/01/10(木) 10:48:26

新年を迎え、今年こそは誰とでも上手にコミュニケーションを取れるように、人見知りを克服したいと思っておりますが、このように思っている人はたくさんみえると思います。
また乳児や幼い子どもの場合、どうすれば人見知りしないようになるのか、と悩む親もたくさんいます。

しかし、幼児であれば成長するに従って集団行動も増加し、人見知りは自然と克服され、少しずつ収まっていくことが多いものです。
大人の人見知りも、ちょっとした自信を持つことで、克服できるケースもあります。
無理をして会話をするよりも、聞き上手になるなど、自分にあった克服法を見つけ、毎日を生き生きと過ごすように努めていきましょう。

人見知りは、乳児や幼い子が、母親や親しい人以外に対して恥ずかしがったり、泣き出したり、怖がったりすることを指します。
人見知りと言ってもそれぞれが違っていて、大きく人見知りする子もいれば、そうでない子もいます。

人見知りは、子どもに対して使われる言葉ですが、現在は大人に対しても使われています

大人の人見知り
とは、内気や照れ屋などを指すことばとして用いられています。
大人の人見知りは初対面などのケースに、コミュニケーションをうまく取れず、仕事などで困ることもあります。
異性に対しての人見知りという人もいます。
単に内気というだけでなく、対人恐怖症などの病気であるケースもあります。

求人広告の書き方

  • 2012/11/30(金) 12:08:56

再就職先やアルバイトを探している時に、求人広告を良く見ると思います。
この求人広告の書き方ひとつで、良い人材が集まるかどうか決まってしまうと言っても過言ではありません。
ですから、求人広告を出す時は、どのようなことを求職者が求めているのか把握して、それに添った情報を掲載することをおすすめします

それと求人広告は、やはりなんと言っても仕事の内容ではないでしょうか?
仕事を探している人は、その求人情報を見ただけで、どこまで会社に対してのイメージが沸くか、そこが肝心だと思います。
そして、「この仕事をやってみたいな」とか「なんだかおもしろそうだな」と思うのです。
ですから、求人広告を載せる場合、仕事内容は具体的に書くほど、効果的だと思います。 看護師 福利厚生 研修充実 求人

また、その仕事をすることによって、「どんな満足が得られるのか」と言うことにも触れておいたほうが良いと思います。
販売業、サービス業でしたら、「一日、立ちっぱなしで辛いけれども、お客さんの喜ぶ顔が見られると幸せな気分になります」など、掲載してはいかがでしょうか。
または、「お客さんからありがとうと言われることが何よりも幸せです」とか、実際に従業員が嬉しいと思ったこと、仕事に対して充実感、満足感、達成感を得たことをインタビューして、求人広告に掲載することも良いでしょう。

しつけの基本

  • 2012/08/10(金) 10:00:00

猫をしつけて、うまくコントロールするためには常日頃から信頼関係を結んでおく必要があります。いつも怒ってばかりでは駄目です。その逆で叱ったら誉めるなど気持ちよくさせるという行為も大切になってきます。

ここでは、猫をしつけるための基本的な行動をあげてみましたので参考にしてみてください。

【優しい声】
猫が興奮状態にある時や、トイレを使ったり、いいことが出来たりした場合は優しい声を出して誉めてあげるようにしましょう。そのことで愛情を示すことが出来ます。声だけでなく撫でてあげると言うことも大切です。

【ケージ・キャリーケース】
キャリーケースやケージなど猫が安心して非難できる場所を確保しましょう。怒られた後、そこに入れてここは安心なんだよと言う場所を作ることです。

【警告】
猫同士が喧嘩をしているときに「フー」という声を出しますよね。それと出来るだけ似たような声で怒るときは怒るようにした方がいいと思います。「シー」が一番いいかもしれませんね。そうじゃなければ「コラッ!」「ダメッ!」でもいいと思います。

【投げる】
猫の行動を阻止するとき、新聞や雑誌など当たっても痛くない程度の薄さのものを用意しておき投げるのもしつけの方法の一つです。これ一回でその悪い行動をしなくなるかもしれませんよ。

【グルーミング】
グルーミングを習慣にして、健康管理や信頼関係の構築に有効的に活用するようにしましょう。1日10分程度でもいいのです。こういうリラックスした時間を共有するようにしましょう。

猫のしつけ「食事や健康管理」

  • 2012/07/10(火) 10:25:29

のしつけの一つに「食事」「健康管理」というものがあり、すごく大事なものだと思います。

通常はキャットフードで主食総合栄養食という表示がされているものと、お水をあげるだけで大丈夫です。あげる量は猫によって違いますが、猫にあったタイプのものを適量あげるようにして、どのくらい食べているかを常にチェックしておくようにしましょう。食事を与えるのは、子猫の場合は朝・昼・夜の1日3回、成猫の場合は朝・夜の1日2回あげるようにするのがおすすめです。

お水はいつでも飲めるように毎回取り替えてあげるようにしましょう。食器が不衛生なのはあまりお勧めできるものではありませんので、いつもきれいにしておくようにしましょう。

おやつですが、与えすぎると癖になりご飯を食べなくなったりして、おやつが主食になってしまうようになってしまうことがあります。またおやつによっては下痢気味になったり、虫歯や病気のもとになったりしてしまうこともありますので、注意してあげるようにしてください。

猫にあげてはいけない食べ物と言うものを以下にあげてみますので参考にしてみてください。
・熱い食べ物
・冷たすぎる食べ物
・お菓子(甘いもの)
・硬い骨
・味噌汁
・イカ
・魚介類の内臓
・わさび・カレー粉などの香辛料
・煮魚(しょうがを使っているもの)
・たまねぎが入っている食べ物

といったような感じです。特にイカは猫が好んで食べたがるものですが、食べさせてはいけない代表的なものです。注意するようにしてくださいね。

猫へのしつけ

  • 2012/03/22(木) 10:00:00

猫へのしつけの一つに、色々な場所に猫を乗せないようにしたい場合のしつけがあります。この場合には隙間と言う隙間にも用心が必要です。

猫と言うのは木に登る事がすごく簡単です。
つかまるところがないカーテンにも登ったりすることがあります。ですから、きちんと登れる場所(キャットウォークなど)を部屋の中に確保してあげることが大切となります。猫は基本的には足場がないところや、不安定な場所には登らせないようにしないと、落ちたりすることもあるので大変です。家具の隙間や本を積み重ねたりしているところにも注意は必要です。
気をつけなければならない時期は特に子猫のときですが、成人してからでも足を踏み外す危険性はありますので、注意するようにしてください。

次に音の事ですが、猫はを怖がります。
掃除機の音など急に大きな音がすると、逃げたり攻撃してきたりさまざまな方法で怖がります。そのために掃除機の音は子猫のうちから徐々に慣らさせるようにしましょう。また、怖がっている間は、猫が寝ている間に掃除機をかけないようにして、起きている間に上手に逃がしながら掃除をするようにしましょう。

最後にトイレについてですが、猫はトイレが汚れていると、そこでトイレをすることを嫌がりますのでこまめに掃除をしてあげましょう。
トイレ掃除が楽にできるように、最近ではぬれると固まる砂が売っているのでそういうのを使うと楽にできます。
また、トイレ自体は使い捨ての除菌シートなどを使ったほうが簡単に取り替えられるので楽です。