求人広告の書き方

  • 2012/11/30(金) 12:08:56

再就職先やアルバイトを探している時に、求人広告を良く見ると思います。
この求人広告の書き方ひとつで、良い人材が集まるかどうか決まってしまうと言っても過言ではありません。
ですから、求人広告を出す時は、どのようなことを求職者が求めているのか把握して、それに添った情報を掲載することをおすすめします

それと求人広告は、やはりなんと言っても仕事の内容ではないでしょうか?
仕事を探している人は、その求人情報を見ただけで、どこまで会社に対してのイメージが沸くか、そこが肝心だと思います。
そして、「この仕事をやってみたいな」とか「なんだかおもしろそうだな」と思うのです。
ですから、求人広告を載せる場合、仕事内容は具体的に書くほど、効果的だと思います。 看護師 福利厚生 研修充実 求人

また、その仕事をすることによって、「どんな満足が得られるのか」と言うことにも触れておいたほうが良いと思います。
販売業、サービス業でしたら、「一日、立ちっぱなしで辛いけれども、お客さんの喜ぶ顔が見られると幸せな気分になります」など、掲載してはいかがでしょうか。
または、「お客さんからありがとうと言われることが何よりも幸せです」とか、実際に従業員が嬉しいと思ったこと、仕事に対して充実感、満足感、達成感を得たことをインタビューして、求人広告に掲載することも良いでしょう。