プラセンタと女性ホルモンバランス

  • 2012/01/14(土) 12:39:46

女性ホルモンの分泌が減少することで起こる、更年期障害を治療する薬としてプラセンタが使われています。それはプラセンタに女性ホルモンの分泌を促進させる作用があるためです。そのため、女性ホルモン剤を使用しりことなく、体内での女性ホルモンの量を増加させる効果が期待できます。 プラセンタ 錠剤 格安

プラセンタ・エキスの原料でもある胎盤
は、いろいろな原因で起こる母体のホルモンバランスの乱れをコントロールし、胎児のホルモンバランスの安定も図っています。
一つの小さな受精卵を10ヶ月で約3キロの胎児に成長させるためには、母体にとっても胎児にとっても、正常なホルモンバランスの維持は非常に重要になります。

そのバランスの調整を行っているのですから、胎盤のもつホルモンバランスの調整作用は非常に優れているということがわかります。
これらのことから、胎盤から抽出されたプラセンタ・エキスの内分泌系を調整する作用もとても優れているということになります。 産後太り 解消