トヨタの販売戦略と展開

  • 2013/10/18(金) 13:38:06

トヨタ自動車の販売戦略有名ですが、どのように販売戦略が展開されているのかと言うと、アメリカGM流の販売方法を取り入れた形で、トヨタ自動車の創業当初から販売網を早めに整備していこうと全国の地場資本に協力を要請してきていたそうです。

そして車種が大型化になってきた事を受けて、中間車種に力を入れる様になってきました。
例えばカローラはパブリカとコロナの中間車種になりますし、マークIIはコロナとクラウンの中間車種になります。

大型車のクラウンは人気も高く、2007年式クラウンロイヤルサルーンの下取り価格と査定相場も高レベルを維持していますね。
それを繰り返していき、パブリカからクラウンまでのピラミッド型商品体系が確立していったのです。

更に販売戦略としては'99年にコンパクトカーのヴィッツを発売、低迷状態だったコンパクトカー市場を復活させるきっかけとし、トヨタの車は幅広い年代層に指示される様な車種を取り揃えていきました。

このヴィッツと人気を二分しているホンダの2008年式フィット1.5Wの下取りと査定相場はこちら。
ヴィッツはその先駆けとなった車種と言えるのではないでしょうか。
どの年代の方にも提供出来るような車種を揃えることできるのが、トヨタの販売戦略なのです。