トヨタの中古車情報サイト

  • 2013/11/05(火) 14:44:47

H20年式voxy zの買取価格トヨタ運営の、T-UPで査定してもらおうと考えていますが、T-UPについて見ていきましょう。

中古車情報サイト
として、トヨタが運営していますT-UPがあります。
買取査定
を依頼する時のポイントの一つとして、買取店の得意車種を考えることが挙げられます。

そのポイントに従えば、トヨタ車の買い取りはT-UPが一番いいことになります。
もちろん、トヨタ車だけを買い取るわけではありません。

T-UPのポイントは、全国に買い取り店があることです。
トヨタの販売店がない街はないと言えるほど、公式ディーラーはたくさんあり、これらのネットワークを活用して買い取りを進めているのです。

もちろん、インターネットからのサイトへの、アクセスも可能です。
基本的なデータから、おおよその概算買取価格を知ることができます。
詳しい査定は、実際に車を見ることによって決まります。

トヨタの販売戦略と展開

  • 2013/10/18(金) 13:38:06

トヨタ自動車の販売戦略有名ですが、どのように販売戦略が展開されているのかと言うと、アメリカGM流の販売方法を取り入れた形で、トヨタ自動車の創業当初から販売網を早めに整備していこうと全国の地場資本に協力を要請してきていたそうです。

そして車種が大型化になってきた事を受けて、中間車種に力を入れる様になってきました。
例えばカローラはパブリカとコロナの中間車種になりますし、マークIIはコロナとクラウンの中間車種になります。

大型車のクラウンは人気も高く、2007年式クラウンロイヤルサルーンの下取り価格と査定相場も高レベルを維持していますね。
それを繰り返していき、パブリカからクラウンまでのピラミッド型商品体系が確立していったのです。

更に販売戦略としては'99年にコンパクトカーのヴィッツを発売、低迷状態だったコンパクトカー市場を復活させるきっかけとし、トヨタの車は幅広い年代層に指示される様な車種を取り揃えていきました。

このヴィッツと人気を二分しているホンダの2008年式フィット1.5Wの下取りと査定相場はこちら。
ヴィッツはその先駆けとなった車種と言えるのではないでしょうか。
どの年代の方にも提供出来るような車種を揃えることできるのが、トヨタの販売戦略なのです。

中古車購入するとき

  • 2012/01/26(木) 10:09:27

・今度は認定中古車の購入したいと考えています。
認定中古車を購入するとき、今乗っている車、H19年式オデッセイアブソルートの買取価格の査定のため、売却前には査定相場をチェックする必要がありますが、とにかく色々と諸経費がかかります。

どれくらいのお金がかかるか知らないために、予算ぎりぎりの中古車を選んでしまって予算オーバーになっている人が多いのです。
ぜひ購入する前にどんな費用があるのか知っておきましょう。

・まず、保険関係があります。
自動車保険には2種類の保険があります。
加入することが任意になっている「任意保険」と,全ての自動車を運転する人が必ず加入しなければならない,加入することが義務づけられている強制保険と呼ばれる保険です。

この強制保険のことを,「自賠責保険」といいます。
自賠責保険という自動車保険は,正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
この自賠責保険という自動車保険は,「交通事故の被害者が泣き寝入りをすることなく,最低限の補償を受けることができるように」と国が始めた保険制度のことで,自賠責保険は,公道を走る,全ての車やバイクに加入が義務付けられている自動車保険です。

・次に税金です。
自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税です。
自動車重量税は車検が残っている場合、支払う必要はありません。

まだ、車検が残っている車の方がお得ですね。
また登録費用・車庫証明法定費用も必要です。